脳外科の看護師として働くデメリットとは?

看護師脳外科求人TOP >> FAQ >> 脳外科の看護師として働くデメリットとは?

脳外科の看護師として働くデメリットとは?

健康管理室の看護師は残業が少ない上に夜勤がなく、日勤のみで土日が休みの完全週休2日制のところが殆どです。祝日や祭日もカレンダー通りに休むことができ、お正月やお盆もちゃんと休みが取れる上にゴールデンウィークや夏休みなどの、大型連休も誰に気兼ねすることなく休めるなどのメリットがあり看護師にも人気の求人です。一般病棟に勤務していると2交代制や3交代制なのでなかなかカレンダー通りに休みを取ったり、お正月などの年末年始も自宅でゆっくりすることが難しいのが現状です。

プライベートの時間がきっちりと確保でき病院よりも高い給料のところも多く、福利厚生面も充実しているなどさまざまなメリットがあります。では健康管理室の看護師として働く、デメリットとはどんなことがあるのでしょうか。企業のオフィスの健康管理室で働く場合は夜勤がないのが普通ですが、24時間でフル稼働させている工場勤務の健康管理室で働く場合は交代制で夜勤を行うこともあります。一般病棟の看護師のようにナースコールなどはありませんが、夜勤も看護師が一人しかいない企業もあります。

企業のオフィスの健康管理室に勤務する場合でも、産業医が一人に看護師が一人か二人体制のところが殆どです。中には産業医もいなくて看護師が一人で、全ての業務を受け持つ場合もあります。それとこれまで病院で培った看護師としての経験や、スキルが健康管理室ではあまり活かされません。企業の健康管理室では従業員の病気や怪我の、予防や相談が主な仕事だからです。そのため病院で働くのと違って最新の医療技術や、スキルアップがきない環境にあります。

もし将来に再び病院で働こうと思っても、ブランクがあるので転職や再就職が難しくなります。また日勤のみで残業も少ない健康管理室でのお仕事ですが、年に何回かは従業員の健康診断が行われます。この時期だけは準備や健診のデータを、パソコンに入力する必要があり定時には帰宅できません。普段でもワードやエクセルなどを頻繁に使うので、パソコンの基本操作ができるスキルも求められます。このように健康管理室の看護師は人気が高い求人ですが、メリットばかりでなくデメリットもあります。

それでも健康管理室の看護師はメリットの方が勝ってい、相変わらず人気が高い求人であることに変わりはありません。もし健康管理室の看護師の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、ナースフルやマイナビ看護師のような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょう。転職エージェントの担当者が健康管理室での業務内容についても、もっと詳しく説明してくれ求人の紹介も行ってくれます。

脳外科の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 脳外科の看護師求人情報 All Rights Reserved.