脳外科の看護師として働くメリットとは?

看護師脳外科求人TOP >> FAQ >> 脳外科の看護師として働くメリットとは?

脳外科の看護師として働くメリットとは?

脳外科には脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・脳腫瘍・頭部外傷などの脳疾患や、パーキンソン病・てんかん・認知症の患者さんなどが多く意識がなかったり十分なケアと注意が必要になります。脳外科の看護師として働くメリットですが先ずは、高いレベルでの知識やスキルが身に付くことです。脳外科病棟で働く場合は各種のモニター観察が不可欠なので、モニターの知識や取り扱い方も覚えることができます。

モニターの種類も心電図から頭蓋内圧モニターやAラインと呼ばれる動脈圧モニターなどあり、これらのモニターをしっかり管理することで患者さんの異変を発見し迅速な対処をすることができます。脳外科には発病して間もない急性期の患者さんから、手術を終えた後のリハビリ期の患者さんまでいます。そのため同じ脳の疾患でもその症状や重症度の度合いは患者さんによって全く異なり、患者さんの看護も一人ひとり違いマニュアルなどはありません。

その点で脳外科の看護師は他の診療科と違って覚えることが多く大変ですが、それだけ大きなやりがいあり多くの知識やスキルが身に付きます。脳外科の看護師は他の診療科の看護師からの信頼も厚く、他の病院に転職する場合でも脳外科で働いていたことは高く評価され有利になります。給与の面でも緊急の患者さんが多いため高いスキルや、専門的な知識が求められるため給与も高めの傾向にあります。また緊急患者さんの搬入時は残業になることも多く、時間外手当ての割合が他の診療科と比べると多く給与も高いのが普通です。

脳外科には緊急で重症の患者さんが多くそれだけ看護師も冷静沈着に、なおかつスピーディーに対応することが求められます。脳外科の看護師は勤務中は一瞬も気が休まりませんが、そんな環境で働くことで初めて豊富な知識や経験や高いレベルのスキルが身に付きます。もし脳外科の看護師として働くことに興味がある方は、このサイトに掲載されているナースフルやマイナビ看護師のような、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が脳外科の看護師の求人の紹介だけでなく、採用基準からメリットなどについても詳しく説明してくれます。

脳外科の看護師は常に患者さんの生命と向き合うハードな仕事ですが、患者さんの命を救うことができた時には脳外科で働いていて良かったと感じられる部署です。脳外科に転職することに迷いがあれば、転職エージェントの担当者に気軽に相談してみてください。

脳外科の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 脳外科の看護師求人情報 All Rights Reserved.