脳外科の看護師の夜勤は?

看護師脳外科求人TOP >> FAQ >> 脳外科の看護師の夜勤は?

脳外科の看護師の夜勤は?

脳外科で働く看護師の夜勤の業務内容は、基本的に他の診療科の夜勤と変わりません。ただ脳外科の場合は脳の疾患で入院されている患者さんばかりなので、他の一般病棟と違い意識がないとか意識がはっきりしていない患者さんが多いのが特徴です。そのため入院中の患者さんの脳の神経や神経に関連した血管や筋肉の異常などに気を配ったり、頭蓋内圧(ICP)モニターなどの各種モニターのチェックやドレーンの管理には注意が必要です。

夜勤中は入院患者さんの様子に常に気を配り、意識がなかったり喋れない患者さんが多いので苦痛がないのか、気配りを込めるなどしながら安全の確保に心がけます。夜勤の日は先ずパソコンで入院されている、患者さんの疾患の症状やその日の予定を確認します。そして夜勤の初めにナースステーションで昼間の患者さんの症状や、疾患に大きな変化がないかなど情報の共有を行います。

そして先ずは患者さんのベッド周りきれいにし検温と点滴などを行い、皮膚圧迫でじょくそうになるのを予防するためにベッドで寝ている姿勢を変えておむつの交換も行います。深夜帯でも各種モニターのチェックやドレーンの管理は大事で、何かあれば直ぐに担当医に連絡を取ります。また眠れない患者さんもいるのでその対応や病院によっては、体位やおむつの交換を2時間ごとに行うところもあります。

夜勤の最後は患者さんの様子などその日の業務内容をカルテに入力し、日勤の看護師に引き継ぎと申し送りを行います。このように脳外科の夜勤も他の診療科の夜勤と大きく変わりませんが、さまざまなモニターをしっかり管理し患者さんの様子を観察することが大事です。もし脳外科の看護師の夜勤についてもっと詳しく知りたい方は、このサイトに掲載されているナースフルやマイナビ看護師のような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が脳外科の夜勤に関わらず、労働基準法で定められている労働条件なども教えてくれます。また夜勤専従として働きたい場合には担当者に相談すれば、脳外科の夜勤専従の求人情報なども紹介してくれます。このサイトに掲載されている転職エージェントには一般に公開されていない、脳外科の求人情報も豊富なので気軽に担当者に尋ねてください。

看護師の夜勤の労働条件は労働基準法で定められていますが、中には労働基準法が守られていない病院もあるので、転職をする際には事前に夜勤など労働条件のチェックは必要です。

脳外科の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 脳外科の看護師求人情報 All Rights Reserved.