脳外科の看護師の必要とされるスキルは?

看護師脳外科求人TOP >> FAQ >> 脳外科の看護師の必要とされるスキルは?

脳外科の看護師の必要とされるスキルは?

今後は高齢化でニーズがさらに高まると考えられる脳外科は、脳に関する疾患を診察したり治療する診療科です。脳外科の主な患者さんは脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管障害や、未破裂脳動脈瘤・破裂脳動脈瘤・脳腫瘍・転移性脳腫瘍・頭部外傷・パーキンソン病・てんかんなどです。この他にも一過性脳虚血発作・内頸動脈狭窄症・水頭症・髄膜腫・神経鞘腫・頭蓋咽頭腫や、もやもや病・脳動静脈奇形・硬膜動静脈瘻・顔面けいれん三叉神経痛など多岐に渡っています。

死因もこれまでは癌・心臓病・脳血管障害の3つがトップでしたが、2012年には肺炎が死因の3位となり脳血管障害は4位と順位を下げています。この背景には最新の医療機器の開発や医療技術の進歩があり、特に脳外科の場合はそのスピードが速く、最新の医療機器で最先端の医療が行われているからです。脳外科病棟に入院されている患者さんは他の一般病棟と違い意識がないか、または意識がはっきりしていない患者さんが多いのが特徴です。

そのため脳外科の看護師の必要とされるスキルとしては医師の診療の補助や、患者さんの点滴や採血などや食事や排泄の介助の他に、ドレーンの管理やバイタルサインのチェックが主な業務となります。また脳外科の看護師はさまざまなモニターを観察し、もし異変があれば担当医に至急その情況を伝える必要があります。モニターも一般的な心電図や動脈圧モニターの他に頭蓋内圧(ICP)モニターなどあり、それぞれのモニターの見方や取り扱いに精通することが不可欠です。

また脳外科の看護師には患者さんだけでなく、そのご家族の精神的なサポートも求められるスキルの一つです。ご家族が脳疾患で手術するとなると、それだけで不安になったり術後の心配も尋常ではありません。脳に疾患がある患者さんの場合は術後に後遺症が残ったり、中には性格が変ってしまうこともあります。患者さんのご家族が抱えているそんな不安や心配を、少しでも軽減することも脳外科の看護師に必要とされるスキルの一つです。

スキルではありませんが脳外科の患者さんは意識がない方が多いので、洗浄や体位変換など力のいる介助が多いことも特徴の一つです。介助も他の診療科に比べると脳の症状や状態に、十分な注意を払いながら行う必要があります。このように求められるスキルも多い脳外科ですが、それだけ自分のスキルアップには適した職場だとも言えます。もし脳外科の看護師の必要とされるスキルについてもっと詳しく知りたい方は、このサイトに掲載されているナースフルやマイナビ看護師のような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

脳外科の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 脳外科の看護師求人情報 All Rights Reserved.